うねうねうねる

普段着キモノ&日本酒ラブな三十路が綴るアレコレ。九州の端っこよりお送りします。

ぐにゃぐにゃ市松柄の着物と渋赤アンティークの帯

https://instagram.com/p/zeD9PsuW2P/

目がチカチカする変形した市松柄の着物(たぶん正絹だった)。渋赤アンティークの帯。帯揚げは紫だったか黒だったか。オーソドックスな白い半衿。着付けの先生に、白より色柄の方が似合うねと言われる私。白衿が似合わないって…どうよ。

 

名古屋帯のお太鼓結び。着付け習ってる最中の、お太鼓が結べた頃の写真です。今ではほとんど結んでません。お太鼓が苦手なんです。超絶デスクワークでガチガチの慢性肩こりなもので、腕が上がらない。結ばないと忘れて行くのでさらに億劫になってます。帯の柄を見せるには、やっぱりお太鼓がいいなーとは思いつつ。前で結ぶ方法を習ったこともありますが、これまたしばらくしてないので忘れかけてます。準備する道具が増えるので、気持ち的にもハードルが上がります。

なので、ちょっとお出かけ程度の普段着キモノは半幅帯で事足りてます。どーにかして楽に楽しく着たい!と試行錯誤してます。